看板において文字を表現するとき、現在多く使われているのはインクジェット出力品です。

 

しかし、以前の主流品で、まだまだ需要があるのがカッティングシート文字。

 

このような感じで、データ通りにプロッタでカッティングシート文字を切り出していきます。

 

これは黒文字を切り出しているところになります。

 

カッティングシート文字の方がインクジェットより向いているのは、

 

・車体に施工する看板の場合

・窓ガラスにそのまま貼り込む場合

・発色のいい色を用いたい場合

・電照看板などに単色で文字を入れる場合

 

などがあります。

 

例えばこういうケース。

 

カッティングシート文字を窓ガラスに貼る

 

店内は見せたいが文字を入れたい場合は、こういう表現が有効になります。

 

あるいは

 

【車体文字施工例】熊本市東区、株式会社トレーズ様

 

車体の色を活かしたうえで、文字を入れたい場合にも役に立ちます。

 

当社ではカッティングシート文字も扱っております。

自社で作成しておりますので、ご相談下さいませ。

 

看板のことなら熊本のヤヒロ広告社

電話096ー380-7902

FAX096-389-3535