先月は熊本市西区と南区で、二件屋外広告物安全点検を行ってきました。

今年に入ってからもう5件ほど屋外広告物安全点検を行っておりますね。

 

建植サインの場合は、まず基礎にクラックや大きな欠けがないか。

基礎と支柱の間に隙間が無いか。

支柱との境に錆が無いか。など、一つの項目でも複数の視点で目視点検します。

 

こちらは建植看板の側面に亀裂や腐蝕、穴などはないか。

そして、横面からみて支柱に傾きはないか。

 

などなど、点検項目に合わせて写真を撮りながら確認していきます。

ビスの緩みなども点検していきます。

 

壁面付けカルプサインに関しては、設置状況、表面の劣化具合、側面の劣化具合、シリコンコーキングに劣化はないか。

等を見ていきます。

 

建植サインなどよりは、点検項目が少ないですね。

 

現地での点検、写真を纏めて屋外広告物安全点検報告書を作成し、お客様にご提出すれば完了となります。

この件でも特に異常は見当たりませんでした。

 

屋外広告物安全点検報告は、設置者や所有者の義務となっております。

有資格者に点検をご依頼の上、お客様が自治体にご提出される必要があります。

 

熊本市のHPでも説明があります。

 

屋外広告物条例等/熊本市ホームページ

 

 

 

詳しくはこちらにも書いておりますので、ご参考になさってください。

 

屋外広告物安全点検について

 

補修や撤去が必要な場合もあるほか、報告書の作成にも時間がかかりますので、屋外広告物安全点検のご相談はお早めに頂けると幸いです。

 

看板のことなら熊本のヤヒロ広告社

電話096-380-7902

FAX096-389-3535