今日は阿蘇市へ、屋外広告物安全点検に行ってまいりました。

屋外広告物安全点検につきましては、こちらもご参照ください。

 

屋外広告物安全点検について

 

最近屋外広告物安全点検のことばかり記事にしている気がしますが。

条例変更後、本当に屋外広告物安全点検についてのお問い合わせが多いんですよ。

 

今年に入ってからもおそらく20件ぐらいは点検を行っていると思います。

当社の制作ではない看板に関する案件のお問い合わせもすごく多いです。

 

今日は同一のお客様で看板三点の点検。ということになりました。

 

錆びてはいないかどうか。

倒壊する恐れはないか。

ビスやボルトでの固定はがっちりしてあるか。

緩みはないか。

 

などなど、点検項目は多岐に及びます。

 

一番点検項目が多くなるのは、建植式(自立式)の電照式看板(内照式看板)になります。

なぜかといいますと。

 

このように、パネル面を開けて、中の光源が点灯しているかどうかの確認も項目に入っているためであります。

この看板は比較的小型なのですが、大型になりますとパネルを開けておろすだけでも一苦労になります。

アクリルが割れるリスクもありますからね。

 

点検の費用も、内照式看板は若干お値段が高くなります。

 

屋外広告物安全点検をご希望のお客様は、熊本県下では屋外広告物更新申請の三カ月ほど前に、所轄の役所(熊本市…熊本市役所、熊本市を除く熊本県…地域振興局)から書類が送られてきます。

その中の、「屋外広告物更新申請書」という書類をコピーなりメールで送って頂けますと、点検対象(点数や面積、種類)が分かります。

 

現場調査は必要になることが多いですが(修繕などが必要な場合はそれもご提案しますので)、申請書類が届きましたらなるべくお早めに、当社までご相談くださいませ。

どうぞよろしくお願い致します。

 

看板のことなら熊本のヤヒロ広告社

電話096―380-7902

FAX096―389-3535